大人も興奮する水上ラフティング

大人も興奮する水上ラフティングとは

今年も水上町でラフティングを体験する予定です

今年も水上町でラフティングを体験する予定です

7月になり夏休みはもうすぐです。

夏休みになると必ず1度は行くのが、群馬県にある水上町で、そこでラフティングを体験します。

簡単に言うと、ゴムボートに乗って川を下っていくスポーツなのですが、みんなで力を合わせて、ボートを漕いだり、向きを変えたりして一致団結した行動で難所を抜けていく達成感のあるスポーツです。

ラフティングは、水上町の場合、4月下旬ぐらいから11月上旬ぐらいまでの期間限定のスポーツで、春は川の水量が多くて小学生の参加はできません。

7月になると川の水量は少なくなり小学生の参加も可能になります。

我が家には今年小学6年生になる娘がいて、3年前から毎年ラフティングのツアーに参加しています。

今年は娘の友人の家族も一緒に参加して、2世帯、7人でのラフティング体験です。

先週から娘は既にハイテンション状態で、昨年までの写真を見ては、あれこれとつぶやいています。

娘の友人の弟(小学3年生)も参加するので、自分が姉になったつもりでリードするのだと張り切っています。

週間天気予報でも、雨の可能性は低く、にわか雨の可能性はありますが、それがまた自然と戯れる事になり楽しい思い出になるのです。

では、週末は思い切り楽しんできます。

ラフティングを楽しむなら水上がお勧めです

群馬県水上町には、利根川が流れていて、そこをボートで下るラフティングというスポーツがとても人気を得ています。

ボートは基本的には8人乗りで、ガイドさんが1名乗船されるので7名まで参加できます。

4月後半からラフティングは楽しめるのですが、雪解け水が多くてこの時期はとてもハードです。

小学生の場合、7月以降の水量が落ち着く時期まで参加はできませんが、この時期は水温も上がり、川遊びがとても気持ちよくできます。

都内からだと練馬I.Cから関越自動車道で約2時間走ると水上I.Cでそこから一般道で15分程度走ると現地に到着です。

ラフティングは半日コースと1日コースがあり、半日コースがとても人気があり、十分に満足できます。

この地域は利根川の中でも特に激流のポイントになっていて、全国的にみても絶好のポイントだといわれています。

ラフティングは水上のスポーツ

特に4月下旬からのハイウォーターといわれる時期はとても過激な水流で、スリルと爽快感が最高です。

だからといって初心者の方には難しいという事は無く、ガイドさんの指導通りに対応する事でとても楽しい時間が過ごせます。

関心がある方はインターネットで検索すればたくさんのヒットがあるので一度確認してみるのが良いでしょう。